birdiebike’s 私と自転車の話題はタダ

年を取ったときに読み返すよう、自分専用備忘録。美しい老後のために悪口禁止。ネガティブ厳禁。

土曜日の過ごし方

久しぶりにダーリンが土曜日にフル仕事ということで

出勤してしまった。。。。淋しい。

でも、もともとこれがデフォルトだったな。

ここ数週間が異例だったのだ。

気を取り直して、洗濯しながら、

ジムにでも行こうかしらとスタジオスケジュール表を見つめてみる。

暑い土曜日、こういう日にプールに入れないなんて、と

自分の体調を恨みながら骨盤調整レッスンに行こうと思う昼下がり。

帰りに買い物にも行けるし、

帰って来てからたっぷりお風呂に入ればいいし

レッスンに行くと決めただけで、

こんなにも1日が計画的、生産的になるのだな。

ずっとソファでゴロゴロしていそうだったのに。

マンション自治のことばかり考えていたから

メンテナンスといえば、建物のことばかり。

自分の体もメンテしなければ。

大正モダーンズ

f:id:birdiebike:20180808182422j:image

 

楽しみにしていた日比谷図書文化館の展覧会。

もうすぐ終わっちゃうと、土曜にダーリンといそいそ出かける。

展示内容も展示の仕方(特にBGM)も素晴らしかった。

思いがけずうちの会社が登場し、

大正モダンのグラフィックデザイン史の中で

結構な存在感を示していることが嬉しかった。

2日後、あまりに良かったので同僚にオススメし

今度は再びその同僚と行くという気に入りっぷり。

イベントを仕掛ける立場になってきたので

こういう展覧会を見る楽しみが倍増している。

ありがたいな、仕事って。

 

f:id:birdiebike:20180808183236j:image

 

もっとも気に入った杉浦非水の作品の1つ。

 

 

 

背泳ぎ30分

巻き肩になっていると複数の人に指摘されたこともあり

解消に効くという背泳ぎをしようと、再びジム通いを始めている。

パーソナルトレーナーに作ってもらったメニューは退屈だったが

やっぱり水泳は気分が良い。

体重減、巻き肩解消(体重も落とせるらしい)、ストレス発散と

これだけ理由があるのだから

もっとせっせとプールに通わなければ。

背泳ぎに真剣に取り組むのは20年以上ぶりで

まっすぐ泳ぐのにちょっと苦労している。

残り10mだか5mだかを知らせるフラッグが

いい目標になるということも超久しぶりに思い出した。

思いのほか励みになる。

合間合間に得意の平泳ぎを混ぜているが

尊敬する行正り香サンが30分とおっしゃっているので

毎回30分は泳ぐと決めた。

競泳水着も2着追加した。

本当に泳ぎに行かない理由がない。

これが私の運動習慣最後の切り札になれば!

そして泳ぐことがストレス発散になる体を持っていて

親にちょっと感謝。

今日は平日休みをとって行ったので

ちびっこスクールの時間帯と重なり、子供時代を想った。

この時分の蓄積が40過ぎてありがたくなるんだよと思いつつ

大量のちびっことジャグジーをご一緒した。

 

 

 

 

 

 

 

夏が始まった次の日

昨日、驚きの早さで梅雨が明けて、今日から夏。

どこに出しても恥ずかしくない百点満点な夏模様で、

洗濯物をベランダに干したら2時間で完全に乾いた。

もっと洗濯したい。洗って干して乾かしたい!と

キッチンのマットをひっぺがして洗う。

 

気持ちいい。。。

 

夏の休日味たっぷりの感想を呟きたかったけど

Twitterで会社の先輩が「今日も仕事だ、頑張れ、自分」と

身を鼓舞されていたのを見つけてちょっと落ち込む。

 

私は時おり松田聖子の歌を熱唱しながら、

ダーリンの名言などを思い出して自惚れながら

ラジオ聴きつつカレー食べながら

シンクで茶渋のついた食器を漂白しながら

隣家の茂る緑を見ながら

こうやって休日を満喫している。

 

出会い運がいいんだと、

ダーリンが言ってくれた。

だって俺に会えてるんだから、

会社でなんでも相談できる先輩に会えてるしって。

 

その先輩は、いまちょっと運が悪そうなので心配してる。

その人が原因ではないだけに。胸が痛い。

 

なんで今私は好きな仕事に打ち込めて

彼に愛でられたり大事にされたりできてるのだろう?

子供の時が特別不運だったわけではないが

そこそこ苦労したから、その反動で

出会い運がいいのかな。

 

ボロマンションだけど可愛い部屋で、

しかも都心で持ち家で

ダーリンと仲良く暮らせて。

 

。。。って、きっとそんな幸せは儚いものだろうよ。

あっという間。

気づいたら秋になるみたい。

心配しないで浸っておくか。

 

好き勝手に小生意気に生きてたら手に入ったので

なんだか、なんだか、後ろめたいのだよ。

 

 

 

 

いい話

今日は我がマンションの給排水高圧洗浄の日で

朝から理事長業務に勤しむ。

おかげで、謎の人物とされていた1Fの所有者に会ってお話しすることができた。

派手な車たちの割にはいい人っぽい。フェラーリ、ベンツ、ヒーレ?

なんでもこのマンション、地盤はバッチリ(古地図見てみろ、とのこと)。

そして建てた人はかなり丈夫に作ってあると自慢していたらしい。

法律無視して頑丈につくったということで、

その人は太鼓判を押していた(新築時代を知ってる人から買ったとか)

耐震工事必要ないんじゃない?とまで!

うーむ、信じるか信じないかは勉強しないと、という感じだが

そういう理屈でこのマンションに高級車を3台も収めている人がいるというのは

ちょっと安心した。

老後どうしようかと思っていたが

このマンションの長寿命について考えることで

ひと安心できるなら嬉しいものだ。この数年の不安材料だったから。

しかし、この値段でそんな頑丈なマンションをゲットできたら

かなり幸運なことだ。

私の人生、そんなにうまくいくはずがない。

 

 

 

輪番制

昨夜の飲みでは社内の切ない話を色々聞いてしまった。

激務で心身ともに疲労困憊している若手、

下からの総突き上げに合いつつある上司、

「○○さんって一体なんの仕事してるんですか?」と言われている○○さん…

 

一方この数日、私は多幸感で満たされていて

正直かなり機嫌がいい。

月曜休肝日化まであと一歩という精神状態で、最新刊は発売前重版決定。

仕事してから家に帰っても

マンションの管理組合の仕事をバリバリ処理していたりする。

夜の8時にグラスとつまみじゃなく、

手帳をカスタマイズすべくのりとハサミを手にしているぐらいだ。

我が身を褒め讃えルため、こうして記録している。

 

でもわかっています。

順番なのです。

管理組合の理事と同じ。こういうことまで輪番制とは神様よ。

と嘆くほどには大人な私。

 

私も心身疲労困憊した時期があったし(よく泣いてた)、

もう少し出世の階段を上がれば、心配せずとも突き上げられる。

「何の仕事してるんですか?」については、、、、

そう言われたらサラリーマンとして勝ち組?とも言えるけれど

(下々の者にはわかるまい、的な? )

でも、担当書籍の成績がパッとしなければ

そういう陰口もあり得る訳で。

 

だから神様よ、この多幸の順番をちょっと長めに。

ダーリンの背中を愛でながら念を送ります。

 

 

月に向かって散歩

サボりサボり通っているジムの帰り道、

火照った体を冷ましましょうと、

ちょっと遠くの公園まで足を伸ばしてみた。

登りたてのまん丸な月に向かって歩くと

その公園に着くといういい塩梅が嬉しく

こういう散歩もアリだな、

つまり目的地なしで月に向かうというコースの面白さを味わう。

公園のベンチで

高校生の時に好んで聞いた曲を聴きながら月を眺めていると

当時の自分に話しかける一歩手前の気持ちに。

それでは、と話しかけようとすると

うまい言葉が見つからないもので。

「いつどんな時もあなたはセカンドベストは選ばないよ」とか?

「心から好きだった奴に好かれながら一緒に暮らしているよ」とか?

当時はリアルな恋愛もなく

想像失恋して泣きたい時に聴くための曲とかあったけれど

今それを再生したってウルっとも来ない。

実はそこに安心した。こんなに月が綺麗な夜なのに⁉︎

センチメンタルにならない!

「こんなんで泣かなくなってるよ、色々あってね…」

声かけるとすればこれか。

「泣けないじゃなくて? 感受性枯れた?」とか言いそうだなぁ、

生意気だからなぁ。高校生時分。

まぁでもそのおかげで色々楽しいでっせ、とも言ってあげたい。

変な人は近づいて来ないよ、ありがたい。

ボサボサなくせっ毛をわざわざ愛でるような、

内側も洒落た人が近づいてくるよ。

その生意気な口を静かせにさせるために

たっぷり甘やかしてくれますよ。