birdiebike’s 私と自転車の話題はタダ

年を取ったときに読み返すよう、自分専用備忘録。美しい老後のために悪口禁止。ネガティブ厳禁。

漱石山房記念館

忙しいと彼は言ってるのに 強引に散歩に連れ出した。近所にオープンした漱石山房記念館。 300円とは思えないほど見所いっぱいで バタバタ来るところじゃなかった、またじっくり見ようということになったけど 近所のさんぽがたのしいのはしみじみ嬉しい。 最…

iPhoneが本体交換になったけど私は元気です

昨年買ったばかりのiPhone5sの電源が入らなくなりまして 本体交換、33000円也。 急な出費に痛くて痛くてたまらない、と言いたいところだが この件で新しい知識と経験を得た。 無傷で情報を更新できるほど、iPhone情報を追ってはいないのだから 仕方がない。 …

ひと段落の味わい

立て込んでいたが3ヶ月だったが 昨日の朝方最後の一冊を校了した。 売るためにやることはいろいろ残っているが 刊行ラッシュはひと段落。 次のラッシュにむけて、 気持ちを前向きにするようメンテナンスしたい! ラッシュがあること、またラッシュが来ること…

logicoolのキーボードを買う

Mackbookを買いそうになった。それくらい魅力的だった。 しかし、いわゆるPCから解放されて自由になりたかったんじゃなかったのか? そんな初心を思い出し iPadの可能性を追求すことに興味を振り向けてみると やはりまずは文字入力問題を解決せねば。 という…

名言アルバム

こんなかわい子ちゃんが家で待ってるなんて どんなバチがあたることやら 。。。。作るね〜、名言メーカー

恋愛名言集

とやらを、はあちゅう氏は出しているらしい わたしにだってある。 でもどんどん忘れてく。 今脳内に残ってるのは擦り切れるほどリピートした私の超定番ばかり。 書き残しておけばよかったなぁ

都バスとワタシ

久しぶりに1人の休日。 洗濯しながら、こういうのはいつぶりかなと考える。 先週は西荻窪方面を散策しながら 話題の本屋で本を色々買ったんだった。 今日はベッドでゆっくり読むのもいいかもと 珍しく寂しがりもせず、なんだか安定した気持ち。 会社が企業型…

アウトプットとインプットー読書家の先輩に思う

久しぶりにFacebookを見たら、会社の先輩が買った本を縦に積んで写真をアップしていた。それも結構頻繁に。4、5冊を積んで背を撮影するのを日記がわりにしているみたい。長距離通勤だもんねーと思って眺めていたが焦ってきた。私は一冊も読んでないので、イ…

twitterで拾った今日の名言

twitterで拾った今日の名言 努力の娯楽化 これができる人をセンスがあるという

喉が痛いと思った夜は

久しぶりにひとりで晩御飯。あと一時間半後に彼はかえってくるが体調がわるい私ははやく就寝すべく先にごはんをすませた。風邪をひいた実感があるうえに仕事も詰まってなかったので、早めに帰宅しネギと白菜たっぷりの鍋を1人でたらふく食べた。今は薬を飲ん…

達人の記録 2

同程度の男女がくっつく、とか付き合う相手は自分の鏡などと聞く。ダビデ氏と私が釣り合っているとしたらそれは心底嬉しい。容姿はもちろん、頭の回転、笑いのセンス、稼ぐ力に、芸術面、歴史、政治経済の教養と趣味や気なんて漠としたもの以上に合いたい項…

いまなんしゅうめ?

気持ち悪いのは不愉快だけど、気持ち悪いのが止んだら不安、という最悪な日々。安心できるまであと何ヶ月あるだろう?神様からの罰なのか贈り物なのか、わたしなんかが幸せもらっていいのか、だからもらえるわけないのか、不安定な感情に振り回される。適度…

達人の記録

以下順不同。ダビデ氏の手練手管。悦ばせのやり口をほんの一例だけど残しておく。私が認知症になった時のための備忘録として。食事の準備の途中で先に飲ってろ、と台所から追い出してくれる。ソファでテレビを見ているとおつまみセットを出してくれる、お通…

美しい50歳を祝して

美しい50歳残念ながら私のことではありません。どんなに諦めようとしても諦められず、手放しても戻ってきてくれて私と積極的に引き合ってしまうダーリン様のことです。体型が変わらない事はもちろん、私が25のときにうっとりしたその顔も、芯はちゃんと残し…

自伝のような記録2 ダビデ像

大不倫の末一緒になったけれど、彼はあまり恋愛体質な人ではない。よく私とあんなに大恋愛できたな。素質はあるんだろう。ただ、若い頃、厄介な女の子に好かれてしまい身うごき取りにくくなった苦い思い出があって「どうか俺を好きにならないでくれ」と念じ…

自伝のような記録 1「金色の粉 」

20代後半はいつも3人くらいと定期的に会っていた。付き合っていたというと語弊があるかもしれないけれど、そこそこの優先順位を授けられ、そこそこな束縛モードは受けた。モードに過ぎなかったのは、全員既婚者だったからだ。おかげで3人回していけることが…

だって東京でしか、会社でしか消耗したくないじゃない

働き方についていろんな議論がある。私にもいろんな夢があった働き方への興味は子供の頃からあって背伸びしていろんな記事を読んだけど今も当時とあまり変わっていない。ということはあまり社会が進んでいないのか、同じところをぐるぐるまわってしまう種類…

ものを大事にしないのか、ものが勝手に変わっていくのか

iPhoneを新しくしたら、家のblutootheスピーカーが使えなくなった。仕方なく、⒊5mmケーブルをつないで使ってみる。。。。とさらりと書いてみたが、このケーブルだって奇跡的に放ったらかしておいたものでいつもの私なら確実に捨てていた。「何でも入れ」の…

サボりの午後に思うこと

今日もさぼってしまった。昨日は午後から取材のフリして妹の家に行ったのだ。スズメかなにか、鳥の鳴き声を聞きながらソファでぼんやりしている。生乾きで嫌な匂いのする洗濯物を晴れ上がったベランダの空にさらしたら気分も大変よくなった。風呂上がりだが…

初夏の京都、初めてだ

初夏の京都に彼と鱧を食べに行く。 出張に同伴してもらうだけだけど 彼との小旅の合間に仕事をこなすような気持ちで行きたいところ 鏡の前で年をとること怖がる毎日だけれど 思いたって京都に行けるようになっているのは 中年になったおかげ。ケチケチするも…

妄想1時間

久しぶりにひとりで過ごす週末。 彼は仕事に行ってしまい、ひとりでぼんやりテレビを観てる。 寂しくなって彼に電話して、例によって甘やかされる。 「なんでそんなに甘やかすの?」 「見返りを期待して」 「何が欲しいの?」 「からだ」 「あー、さっき払っ…

行きつけの店をつくる

早稲田に引っ越して1年6ヶ月 買い物には不自由してないけれど、行きつけの飲食店はまだない。 家を買うという大人の階段を登ったからには 馴染みの飲み屋ってやつが欲しい。 今年は既に3ヶ月も経ってしまったけれど、 仕事の都合で2月の中旬位に区切りを感じ…