読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

birdiebike’s blog 私と自転車の話題はタダ

年を取ったときに読み返すよう、自分専用備忘録。美しい老後のために悪口禁止。ネガティブ厳禁。

自伝のような記録2 ダビデ像

大不倫の末一緒になったけれど、
彼はあまり恋愛体質な人ではない。
よく私とあんなに大恋愛できたな。素質はあるんだろう。
ただ、若い頃、厄介な女の子に好かれてしまい
身うごき取りにくくなった苦い思い出があって
「どうか俺を好きにならないでくれ」と念じる癖がついてるらしい。
私の金の粉とは真逆な発想。真のモテとはこういうことか?

顔もからだ(50を迎える今もダビデ像のよう)も大好きだが、
2人で話をするのは私の素晴らしい趣味になった。
知的に満足できる相手と暮らすと
毎日が修学旅行の夜(みたいに話が尽きない)と誰かが言ってた。
本当にその通りだと思う。

外食好きな私を諫めて、家にとどまらせるために
彼は料理を始めてくれた。
味噌汁にダシを入れることも知らなかったのに
今では1人で前菜から用意してくれる。
お気に入りの常連客のようにもてなしてくれるので
ワインバルのマスターといちゃつくごっこも可能な日々だ。
そんな夜を過ごすたびに
こんなに恵まれたオンナ、いまこの瞬間、
東京に何人いるかな、と思うのだった。

こんなにsmartでsexyでsweetな喋るダビデ像
お返しできるものがなにもない。
容姿もだいぶ衰えた。
私はミケランジェロの作品じゃない。


彼は私を喜ばせ、私は彼を困らせ、笑わせる。
私のギフトの方が一つ多いみたい。