読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

birdiebike’s blog 私と自転車の話題はタダ

年を取ったときに読み返すよう、自分専用備忘録。美しい老後のために悪口禁止。ネガティブ厳禁。

都バスとワタシ

久しぶりに1人の休日。

洗濯しながら、こういうのはいつぶりかなと考える。

先週は西荻窪方面を散策しながら

話題の本屋で本を色々買ったんだった。

今日はベッドでゆっくり読むのもいいかもと

珍しく寂しがりもせず、なんだか安定した気持ち。

 

会社が企業型確定拠出年金を始めることもあり

老後の事を思って無駄遣いを減らそうモード。家でじっとしたい。

本を読むのはお金のかからない趣味だなとつくづく思う。

本代はケチらないことにしている、

自分に跳ね返ってきそうで怖いから。

アパレル業界で働いてる人は衣服代に結構使っているはずだ。

飲食の人は。。。。飲食代ケチってそうだけど。

 

 

最もお金がかからない趣味といえば考え事か。

妄想。。。大好きかもしれない。

最近さらに妄想にハマりつつある。

 

会社の帰りはよくバスを使うが

このスピードがぼんやりものを考えるのにちょうどいい。

ゆっくり走るし、よく止まる。

電車と違って車窓の景色も近くてよく見えるし

喋ってる人も少ない。

 

自分の妄想に集中できる環境。

頭の中から湧いて流れていく考え事たちに

バスの外を流れる車窓の景色たちが並走してくれるみたい。

 

子供の頃からそうだったなと。

プールの帰り道、1年間のバス通学の帰り道

見知った通りを眺めながら

真面目なこともエロいこともいろいろ妄想してたな。

将来の想像も山ほど。

 

その時の妄想上の私と、今はどれくらい違うのかな。

思い出せるといいのだけれど。

 

運良く1番前が空いていたらラッキーと思う気持ちは

当時からずっと変わらない。

お年寄りが座れない高さだから

混んでる、席譲るべきかな、みたいな逡巡が要らない。

目の前に座席がないので、

さらに物思いに集中できるのだった。

バスが停留所に入ってくる時にすでに空いてるか

目で追ってしまうもの。

 

そうだ、都バスは私らしいのだ。

私にふさわしくて、私にぴったりなのだ。

妄想の故郷であり、だからこそ居心地がよく

意識こそ自分自身だとするならば

バスにいる私こそ私なんだとすら思えるほどだ。

 

意外と遠くまでいけるのに

ついていけなくなることはない。